透明水彩がみるみる上達する講座

透明水彩がみるみる上達する講座を比較・紹介します。
コツとテクニックをつかみさえすれば、完全初心者でもあっという間に透明水彩を使いこなせるようになりますよ。

HOME ⇒ 「初心者が透明水彩を学ぶのは本だけでは無理」



透明水彩を学びたい。
でも独学は難しい…。

そんな方に知ってほしい、自宅でできる透明水彩の通信講座があります。



DVD映像を使って学ぶから、とてもわかりやすくて楽にコツを身に付けられます。

また知識よりもまずは描いて身に付けることを重視しているため、初心者でも楽しく続けられ、嫌になって挫折してしまうことがありません。

透明水彩をできるだけ楽に、かつ短期間で上達させたい方は、以下をご覧になってみてください。

初心者が透明水彩を学ぶのは本だけでは無理



透明水彩をきちんと学びたい。
道具の使い方や描き方を知りたい。

そう考えて市販の教本で水彩画を学ぼうと考える人、少なくありません。

透明水彩のコツやテクニックについて書かれた本を見ていると、 あたかも透明水彩が上手くなりそうなことが書いてありますから、とりあえず実践することで上達するような感じがしますよね。

ですが実は、市販の教本は初心者にとってはあまり良い学習ツールではありません。



もちろん、本を見ることでちょっとしたテクニックを知ることはできるでしょう。

なので本での勉強が全くのムダかというとそんなことはないのですが、 市販の教本は、初心者の水彩画学習に必要な基本的な事柄がきちんと書かれていなかったり、 技法についても少ししか触れていないものがほとんど。

基礎~応用までをきっちり学ぶのには内容が中途半端すぎて、 結局知りたいことがわからないまま…なんてことになりがちです。



例えば透明水彩のテクニックに加えて、絵の具の出し方や色の混ぜ方、水の量、パレットや筆の使い方など、 初歩的なことについて網羅した本は多くありません。

市販の水彩画本は、どちらかというと初心者向けというよりは、 ある程度透明水彩の扱いに慣れた人が、ちょっとしたテクニックや描き方のコツを身に付けるのに適しています。

水彩画初心者が、基礎~応用までの知識をまんべんなく身に付けるのには向いていないのです。



私の経験上、これから独学で透明水彩に挑戦しようという方には市販の本の利用はおすすめしません。

できるのであれば透明水彩を基礎から教えてくれる教室へ通うか、 きちんと基礎知識を網羅した透明水彩の学習教材などを利用されることをおすすめします。

それらで基礎をしっかり身に付けた後なら、市販の教本も利用価値があるといえるでしょう。

透明水彩は実際にお手本を見て、描くことが上達への最短の道



絵は描けば描くほど上達するといわれます。

なのでとりあえず上達したければ絵を描く…は間違いではないのですが、その方法が有効かどうかは絵のジャンルにもよります。



例えば、鉛筆を使ったデッサンなどは、沢山描くことが上達につながりやすいです。

ですが透明水彩に関しては、ただがむしゃらに絵を描き続けるだけでは、 いまいちな出来の絵が量産されるだけの可能性が高いといえます。

なぜなのか?



その理由ですが、透明水彩は他に比べると絵の具の性質に特有のクセがあるため、 初心者がいきなり挑戦したとしても上手く使いこなせないことがほとんどです。

絵の具の扱い方のコツ、描くコツを把握したうえで描かなくては、きれいに描くことが難しいのです。

なので、上手く描きたいのならただ描き続けるのではなく、まずは絵の具の性質や描き方のコツについて学ばなくてはなりません。



そのコツやテクニックの学び方ですが、前項でも述べた通り市販の本はお勧めしません。

透明水彩は水の量の調整の仕方や色の混ぜ方、筆の動かし方や描き方など、絵画の中では繊細な要素が多いため、 文章や写真での説明では要領がきちんとつかめません。

できれば、実際に講師の方などが描いている姿を見て、
それをそのまま参考にして実践するのがベターです。

お手本があれば、見るだけでどのように描けばよいのかがよく理解できるので、 誤った解釈をしてしまうことがありません。

初心者は、ただ真似をするだけでOKです。



上記のような理由より、初心者には直接教えてもらえる教室通いをおすすめしています。

もしくは教室へ通うのが難しいのであれば、当サイトでご紹介している 「いきなり上手に描ける水彩画講座」のように 映像でレッスンを行うタイプの教材(講座)を利用されるとよいでしょう。

映像を利用して描き方を教えてくれる教材なら、
直接お手本を見せてもらっているのと同じように、描き方のコツを学ぶことができます。

透明水彩の描き方のコツがなんとなくわかってきたら、
そこからは絵を描く練習を繰り返すだけです。

コツをつかんだうえで練習を重ねれば、確実に上達するはずです。

水彩テクニックの良いお手本があれば、がむしゃらに練習する必要はない

透明水彩は、自己流で絵を描く練習を繰り返すよりも、 上手な人の描き方を参考にしながら描いた方が、効率よく上達できます。



その理由ですが、絵が上手な人は風景や動物、人物など、
さまざまなモノを絵の具で表現する方法を心得ています。

例えば波の揺れるさまや飛沫であったり、透明感が感じられる空、暖かい雰囲気の日差しなど、 様々なモノに対して「どのように描けばそれらしく見えるか」ということを経験から知っています。

いわゆる、表現のためのテクニックですね。



しかし透明水彩を始めたばかりの初心者には、そんなテクニックはありません。

テクニックを使って表現することを知らないので、全ての部分を同じように色塗りしてしまい、 その結果、平坦でパッとしない絵ができあがってしまいます。

もちろん、絵を描き続けているうちに「このように描くとそれらしく見える」 ということがだんだんと分かってきますが、自己流だとそこまで行きつくにはものすごく時間がかかります。

正直、時間のムダです。



できるだけ効率よく透明水彩を上達させたいのなら、
上手い人のテクニックを最大限参考にしましょう。

参考にするというのは、言い方を変えると「真似をする」ということです。

例えば、「波の飛沫」や「木々が連なる様子」など、ちょっとむずかしいと感じるものを描くときなどに、 上手い人がどのように描いているのかを観察してみてください。

そして、自分でも真似をして試してみるのです。

最初から上手く描けることはありませんが、自己流で描いたときよりも、 確実に上手く描けるということが実感できるはずです。

その後も繰り返して練習することで、さらに上手く描けるようになります。



なかには他人のテクニックを盗むようで、良い気分がしない人もいるかもしれませんが、 絵画では人を参考にするという行為は特に珍しいことではありません。

また、たとえ他人のテクニックをそっくりそのまま真似したとしても、 人それぞれ描き方にはクセがあるため、同じような絵になってしまうことはないでしょう。

まずは他人を参考にしてテクニックを身に付けたうえで、 さらに自分のテイストを加えて、自分流に発展させていけばよいのです。



ちなみに当サイトでご紹介している 「いきなり上手に描ける水彩画講座」でも、 プロの画家の真似をすることで効率的にテクニックを身に付けることを目的とした練習方法を採用しています。

プロの画家のテクニックをそのまま真似できるという、非常に貴重な映像講座です。

絵心のない初心者であっても、プロの画家のテクニックやコツを参考にすることで、 あっというまに素敵な水彩画が描けるようになります。

透明水彩のテクニックを効率よくテクニックを身に付けて、 まわりをあっと驚かせたい…なんて初心者には、非常におすすめです。

興味をお持ちの方は、ぜひ内容をチェックしてみてください。





Copyright (C) 2020 透明水彩がみるみる上達する講座 All Rights Reserved.
TOP