透明水彩がみるみる上達する講座

透明水彩がみるみる上達する講座を比較・紹介します。
コツとテクニックをつかみさえすれば、完全初心者でもあっという間に透明水彩を使いこなせるようになりますよ。

HOME ⇒ 「水彩画が描けないのは才能がないからではない 単に描き方を知らないだけ」



透明水彩を楽に上達させる方法がある。
嘘みたいな話ですが、本当です。



映像を使った水彩画の通信講座なら、
透明水彩に必要なコツやテクニックを楽に身に付けられます。

難しい理論の勉強は一切不要。
真似するだけで透明水彩の絵画の腕があがります。

練習してもなかなか上達しない方、市販の教本などでの練習がなかなか長続きしない方は、 とりあえず以下をご覧になってみてください。

水彩画が描けないのは才能がないからではない 単に描き方を知らないだけ



透明水彩を使った絵画をはじめてみたけれど、
びっくりするくらいきちんと描くことができない。

下手すぎて我ながら呆れる。
そんな風に感じている初心者、少なくないと思います。



今は下手でも、描いているうちに上手くなるはず…と、何度も絵をかいてみたり、 市販の本を参考にして練習を重ねるも、やはり上手くなりません。

そうこうしているうちに紙に向かうのにも嫌気がさしてきて、
自分は絵画の才能がないんだ…とあきらめてしまうパターン。

実は珍しくありません。



水彩画は油絵などと比べると、
描いた後の絵の修正が自由にできない分、難しいといわれます。

その水彩画の中でも、透明水彩と呼ばれる種類の絵の具を使った絵画は特に描くのが難しいです。

絵を描くのがはじめての方だと、
色塗りすらキレイにできないのではないでしょうか。



一般的に、絵は描けば描くほど上達しやすいといわれています。

なので、絵がうまく描けるようになりたいのなら練習を重ねるべきなのですが、 透明水彩に関しては、ただやみくもに描くだけでは上達しづらいです。

正直、そんな練習の仕方は紙のムダです。



では、どうすればよいのか?

透明水彩を効率的に上達させたいのなら、がむしゃらに絵を描くのではなく、 まずは透明水彩絵の具の使い方のコツをきちんと身に付けましょう。

透明水彩は他の絵具に比べるとクセがあるため、適当な使い方では上手く描けないばかりか、その良さをつぶしてしまいます。

逆に上手くつかいこなせれば、とてもきれいな表現ができるようになります。

透明水彩で上手く描けるようになりたいのなら、
まずは透明水彩ならではの描き方を身に付けるようにしましょう。

透明水彩の描き方、コツを知る方法とは?

透明水彩を使ってきれいな絵を描けるようになりたいのなら、
透明水彩ならではの描き方を知ることです。



透明水彩のコツやテクニックを知って
使いこなせるようになりさえすれば、絵はみるみるうちに上達します。

絵をたくさん描くのは、コツを身に付けた後です。




そのコツやテクニックを身に付ける方法ですが、
例えば以下のようなものがあります。

・市販の教本で学ぶ
・透明水彩を教えてくれる絵画教室へ通う
・透明水彩の教材や講座を利用する

以下、簡単に解説します。

市販の教本で透明水彩を学ぶ

絵を練習しようと考えて誰でもすぐに思いつくのが、市販の教本を利用した練習です。



街の本屋やオンラインのブックショップで探せば、
透明水彩の練習本は容易にみつかります。

その中から良さそうなものを探して実践するだけ。
お金もそれほどかかりませんし、すぐにできるので手軽です。



…とここまで書いておいてなんですが、
初心者の絵の練習に市販の教本はおすすめしません。

なぜなら、市販の本で効率的に水彩画を上達させたという人、見たことがないから。



多少のテクニックは身につくかもしれませんが、そもそも市販の本は、 初心者の絵画練習に必要な情報が体系的にまとめられていないものがほとんどであるため、 基本的な描き方を身に付けるのにはあまり役に立ちません。

ある程度描きなれている人ならともかく、
初心者には意味がないのです。

本を買ってみたけれど、結局上達しないので教室に通い始めることにしたというパターン、 よく見られます。

それなら最初から教室に通ったほうが、
お金も時間も無駄にしません。

透明水彩を教えてくれる絵画教室へ通う

次に絵画教室ですが、透明水彩をきっちり教えてくれる絵画教室が近くにあるのなら、 そこに通うというのは悪くないことだと思います。



やはり絵は、プロから直接教わるのがベストです。

特に透明水彩の扱いに長けたプロであれば、初心者が透明水彩で絵を描くのに必要な知識をはじめ、 つまづきやすい箇所なども把握しています。

そういった知識をもとに必要なコツやテクニックを教えてもらえるため、 本を買ってきて練習するよりも確実です。



難点は、ある程度上達するまでにそれなりの時間がかかってしまうこと。

絵画教室にもよりますが、多くは月に2~4回程度のレッスンで、1回あたりの時間は90~120分程度のところが多いです。

その短い時間で、一体どれだけの知識やテクニックを身に付けられるのか?

教室や先生の方針にもよるので一概にどうとは言えませんが、
絵をかきながら勉強…という感じなので、正直上達までにはかなり時間がかかると考えたほうが良いです。

そこそこきちんとした絵を描けるようになるまでには、少なくとも1年~はかかるでしょうか。

またテクニックなどをしっかり教えてくれる教室だと良いですが、場合によってはただ絵を描くだけのことがほとんど… なんて教室もあります。



教室通いは、透明水彩の上達には効果的ではありますが、
効率的ではないということを頭に入れておきましょう。

通える範囲に絵画教室があって、なおかつのんびり上達していければ良いという方には、 向いていると思います。

透明水彩の教材や講座を利用する

最後は、透明水彩用の練習教材や講座を利用するという方法。



内容は教材や講座によってさまざまですが、
大抵は自宅でも透明水彩が勉強できるように、知識をまとめたテキストや練習教材をセットにしたものが多いです。

その教材にそってレッスンを進めていくことで、
透明水彩画の描き方をマスターできるというもの。

効率的に上達させられるかどうかは教材の内容にもよりますが、このタイプは結構おすすめです。



自宅でできるタイプの教材や講座は、
通えるところに絵画教室がないという方でも気軽に取り組めます。

また教材や講座は、透明水彩の基礎~応用までをマスターできるように情報がまとめられているものがほとんど。

体系的に学べるために無駄がありませんし、 自分のペースでできるため、積極的に取り組めば短期間で多くの知識やテクニックを身に付けることもできます。

教室とは異なり、自発的に取り組まなくてはならないというデメリットはありますが、 やる気のある方であれば水彩画の上達には悪くない方法だといえるでしょう。

費用もトータルすると、教室へ長々と通うよりもかなり安く済みます。

おすすめなのは映像を使った水彩画講座

もしあなたが透明水彩で絵をきれいに描けるようになりたいと考えているのなら、 透明水彩の絵画教室へ通うか、もしくは自宅でできる講座などに取り組むとよいでしょう。



特に講座は、短期間で水彩画のコツやテクニックを身に付けられるように情報がまとめられているため、 効率よく透明水彩を学んでいけます。

費用も教室ほどかからず、おすすめです。



なお、もしこれから透明水彩が勉強できる講座を探すというのであれば、 レッスンに映像を利用した講座を選ばれることをおすすめします。

昔はテキストを主体とした教材を使った講座がほとんどだったのですが、 最近映像を利用した講座が増えてきており、やるなら映像タイプがのほうが断然わかりやすく、楽だと感じるはずです。



映像を使った講座のメリットは、なんといっても実際に道具を使っている場面や描き方を、直接見られるという部分です。

絵の描き方は、テキストや写真のみの説明だとどうしてもわかりづらいところがありますが、 映像なら見るだけで理解することができます。

自分で「こうするのかな…?」と想像しなくてもよいぶん楽ですし、 イメージで覚えると頭に残りやすく、結果的に早く絵画のコツが身につきます。

映像を使っているからといって、テキスト主体の講座と比較して費用がかかるということもないため、 講座を選ぶ場合は「映像」を使ってレッスンを進めるタイプを選ぶようにしましょう。



ちなみに当サイトでよくおすすめしているのは、プロの画家が透明水彩の描き方を教えてくれる 「いきなり上手に描ける水彩画講座」です。

映像メインでレッスンをすすめていく透明水彩の講座で、 基本「講師の方の描き方を真似る」ことを前提としているため、色の使い方や筆づかいなど細かい部分がとても見やすくできています。

見て真似することで、透明水彩のコツやテクニックを身に付けるというわけです。

テキストを見ながら学んでいくタイプの講座と比較して、
とても楽に描き方のコツを理解できるはずです。

もちろん映像のほかにテキストも用意されているため、
テキストでゆっくり復習したい…というニーズにも対応できます。

どのようにレッスンをすすめていくのか?については、講座のページをご参照いただきたいのですが、 透明水彩の初心者であっても、あっというまにキレイな水彩画が描けるようになるでしょう。

・できるだけ楽に透明水彩を上達させたい人
・短期間で透明水彩をマスターしたい人
・自宅で透明水彩を練習したい

上記のような方に特におすすめです。
大まかなレッスンの流れについては、以下の講座のページをご覧ください。

描けるようになってきたら透明水彩の本当の良さがわかるはず

どのような方法であっても、あきらめずに練習を続けていれば遅かれ早かれ絵は上手くなります。

透明水彩はやや扱いづらい絵の具であるため、最初は上手く描けなくてイライラすることもあるかもしれませんが、 描けるようになってくると本当の良さがわかってきます。

上達してくれば、人が描いたきれいな水彩画を見るよりも、
自分で描く方が断然楽しく感じられるようになるはずです。

途中であきらめずに、頑張って練習を続けてみてください。





Copyright (C) 2020 透明水彩がみるみる上達する講座 All Rights Reserved.
TOP