透明水彩がみるみる上達する講座

透明水彩がみるみる上達する講座を比較・紹介します。
コツとテクニックをつかみさえすれば、完全初心者でもあっという間に透明水彩を使いこなせるようになりますよ。

HOME ⇒ 「透明水彩の上達に「真似」が効率的だといわれる理由」



水彩画をこれからはじめようという方、またすでに市販教本などを参考にして挑戦してみたけれど、 全く上手く描けない…なんて初心者に知っていただきたい講座があります。


この講座では、映像を使ってプロの透明水彩画の描き方を直感的に学びます。

あなたはプロの描き方を、ただ参考にするだけ。
小難しい美術の理論を頭に叩き込む必要はありません。

プロが描いている通りの真似をするだけで、初心者の方でも楽しみながらいきなり上手に透明水彩画を描くことができます。

透明水彩を効率よく上達させたい。
そんな方は、まずチェックしてみましょう。

透明水彩の上達に「真似」が効率的だといわれる理由

透明水彩で絵を練習するにあたって、どんな練習方法が効果的だと思いますか?



とにかく数をこなすべき…といわれる方もおられるかもしれませんが、 実は透明水彩は数をこなすだけではなかなか上達しません。

透明水彩画を上達させるには、まずは透明水彩絵の具のクセを把握し、 描くコツを身に付けたうえで描く練習をする必要があります。



そのコツを身に付けるのに効果的なのが、人の「真似」です。

透明水彩の扱いに長けている人の真似をすることで、
描くコツを効率的に身に付けることができます。

…というと、真似?そんなことして大丈夫?なんて思われる方もおられるかもしれませんね。



人の真似をすることに関して、
良いイメージを持っていない方は少なくないと思います。

なんとなく人のモノを盗むような、
絵画だと盗作のような印象を受けてしまうかもしれません。

ですが、透明水彩の描き方のコツを身に付けるのには、非常に効果的で時間短縮にもなる方法です。

コツを真似することは絵画の世界では普通

人の真似なんて、非常識だと思われる方もいるでしょう。

ですが実は絵画の世界においては、
人の絵を真似することは効果的な練習方法の一つとして定評があります。



人の真似というより、「模写」と言ったほうが良いかもしれませんね。

模写とは、他人の絵画作品を忠実に再現することで、作者の「技術や表現」を理解したり吸収するための練習方法の一つで、 大昔から多くの人たちがこのやり方で絵画の練習を行っています。

もちろん、真似といってもあくまでも練習のために行うだけであって、 描いた絵を自分のものとして公開するわけではないため、法律的にも問題ありません。

他者の絵画の技術を自分のモノにするために、模写します。

水彩画だけではなく、油絵や漫画のイラストなどあらゆるジャンルの絵画で取り入れられており、 もはや定番の練習方法だといってもよいでしょう。



この真似する練習方法を、透明水彩の練習でも取り入れようというわけです。

自己流で絵を描いていくよりも効率的に、
上達させることができるはずです。

とはいえ、ここでお話ししている透明水彩の練習方法については、「模写」そのものを指しているわけではありません。

その練習方法については、次項をご覧ください。

透明水彩で大切なのは、描くコツやテクニックを身に付けること

透明水彩で大切なのは「描き方のコツをつかむこと」です。



模写は、描かれた後の絵を参考にして絵を描く行為ですが、 透明水彩では「どのように描いているのか」という描く行程の方を参考にしたいところ。

例えば…

・どのように色を混ぜているのか
・絵の具に加える水の量は?
・描くときの筆遣い
・さまざまなモノの表現の仕方

透明水彩の初心者の多くは、上記がきちんとできていません。
というより、理解していません。

他の絵と同じように、筆に絵の具をつけて描けばOKくらいに考えている人もいます。

なので、なかなか上手く描けず、
失敗作ばかりが出来あがります。

そうして、自分には才能がないんだと思い込んでしまいますが、 実は適当に描いているから上手く描けないだけで、きちんとした描き方を身に付けた上で練習をすれば、 それなりに上手い絵が描けるようになるはずなんですよね。



透明水彩は、絵の具の中でも特に扱いが難しい道具です。

なので透明水彩絵の具を使ってうまく絵を描きたいのなら、自己流の練習はNG。 自己流で練習したとしても、なかなか上達しないはずです。

透明水彩できれいな水彩画を描きたいのなら、まずはコツやテクニックを身に付けましょう。

透明水彩の扱いのコツをつかみさえすれば、
あとは描くことを繰り返すだけで自然と上達していきます。



そのコツやテクニックをつかむために、真似をします。

具体的には、透明水彩を上手く扱える人の
「道具の使い方」や「絵の描き方」を徹底的に参考にします。

参考にするのは「描いたあとの絵」ではなく、「描く行程」です。

もし、透明水彩の扱いが上手い人がまわりにいるのであれば、
描き方を参考にさせてもらえるようにお願いしてみましょう。



対して、まわりに参考にできそうな人がいない場合。

もしくは、相手に不快に思われそうで
お願いしにくいという場合もあるかもしれません。

そんな方は、次でご紹介している講座をご覧になってみてください。

透明水彩を使った絵画を上達させたい人にとって、
理想的な内容の教材を採用しています。

とりあえず見ておいて損はないはずです。

映像を使った透明水彩講座なら理想的な練習ができる



透明水彩による描き方のコツを身に付けたい。

そんな場合に効果的な練習方法について前項では触れましたが、 まわりに水彩画に長けた人がいないために、実践難しいという方もおられるはずです。

そのような方におすすめなのが、当サイトの講座比較でもご紹介している 「いきなり上手に描ける水彩画講座」です。



この講座ではDVD映像を活用し、プロの画家による透明水彩のレッスンを進めていきます。

基本、プロの描き方を真似して練習することを前提に作られているため、色の使い方や筆の扱い方などがとても見やすく、 あらゆる部分を参考にしやすいのです。

初心者であってもプロの真似をしながら描くだけで、
透明水彩の扱い方を楽に身に付けることができます。

初心者が効率的にコツやテクニックを身に付けることを主眼に置いた、まさに秀逸ともいえる水彩画講座でしょう。

DVDを用いたレッスンであるため、
自宅にいながらいつでも好きな時に取り組める点も、教室通いが億劫な方や忙しい人には魅力です。


・難しいことが苦手
・短期間で透明水彩を上達させたい
・マイペースで練習したい

上記のような水彩画初心者にぴったりの講座だといえます。

できるだけ難しい絵画の勉強はせずに、 最短で透明水彩画が描けるようになりたいけど、どのように練習すればよいかがわからない。

そういう方は、ぜひご覧になってみてください。

期間限定ではありますが、
今なら豪華な無料特典が付属しますのでお得です。





Copyright (C) 2020 透明水彩がみるみる上達する講座 All Rights Reserved.
TOP